結婚式撮影歴14年以上のプロカメラマンが結婚式撮影についてお話します。
感じる映像動く心【映像制作 青春組立式キット】の結婚式ビデオサービス

結婚式トップ料金・コース結婚式2次会撮影ご注文の流れお申し込み

結婚式TOP  >>  結婚式撮影の話|持ち込み禁止「神聖な場所なので」の真実

神聖な場所ですので立ち入り禁止って言われるけれど。2人の幸せも営利の壁に阻まれる

「神聖な場所ですので規制しています」「当会場の専属の慣れてるカメラマンへ」…会場側が持ち込み外部業者を阻むための常套句です。

その理由は、自分の会場の提携業者に注文すればマージン料が会場に入るからです。
そして規制を作りや高額な持ち込み料を要求し外部業者を排除する、そういった実情が未だ結婚式業界にはあります。

しかし神聖な儀式をとり行う牧師さん司祭者、また実際挙式を担当する会場スタッフ自身にそういった事情は関係なく、二人の事を考えれば「イイ記録を残してあげたい」という理解のある方もたくさんいます。
「撮影は列席者の席から」と言われている場合でも、リハーサル時や挙式前に確認すれば、祭壇前方の二人の顔が見えるベストな位置での撮影を許可頂けることが多く、「神聖な場所」であっても牧師先生が問題なければ撮影は可能になるケースも私はたくさん経験しています。

撮影経験の浅いカメラマンではないプロフェッショナルカメラマンが、神聖な儀式の進行の妨げとなる行為をする事はまずありません。
撮影は進行の妨げにはならない事を前提に細心の注意を持って行っていますのでご安心ください。

また会場にカメラが数台設置してあり、無人の状態で撮影している会場もあります。
注意が必要なのは古い会場の場合「4:3」という縦横比のすでに昔となった比率で撮影されてる事がありますのでご確認ください。その場合ハイビジョン撮影に対応していません。
もちろん4:3で視聴される事は問題ないですが、現在のテレビは「16:9」のワイド画面です。



■関連ページ|外注業者を依頼する事 / サンプルビデオを撮ったカメラマンはこない / 外部カメラマンのデメリット / ビデオカメラマンの告白「式場に撮影を頼んではいけない 




※ブライダルビデオサービス【青春組立式キット】の結婚式撮影の詳細はコチラ(青春組立式キットTOP)よりご覧ください。

結婚式撮影歴14年のプロフェッショナルカメラマン井村征爾が1日1組様限定で撮影に伺います。お気軽にお声をかけてください。


お問い合わせはこちら


>> TOPページに戻る