結婚式撮影歴14年以上のプロカメラマンが撮影から編集まで責任を持ち一貫して行います。安心と信頼をもってご依頼ください。
感じる映像動く心【映像制作 青春組立式キット】の結婚式ビデオサービス

結婚式トップ料金・コース結婚式2次会撮影ご注文の流れお申し込み

結婚式TOP  >>  結婚式撮影の話|外部カメラマンのデメリット?持ち込み禁止会場が言ってる事は本当?


外部業者は慣れていない


式場カメラマンは『式場に慣れているのでポイントがわかっている』、外部業者は『慣れていないので動線がわからず勝手が利かない』?
結婚式撮影歴14年以上のプロカメラマン、青春組立式キットの井村征爾がお答えします。




これは持ち込み交渉の場合に、よく言われる常套句です。

会場のマニュアルに沿って撮影している式場カメラマンにとっては、外部業者に比べ「その会場で撮影するにおいて慣れている」という点では確かかもしれません。
しかし式場のカメラマンも様々。お日柄が良く案件の多い日は人手不足の為、急遽募集したアルバイトカメラマンや、外部のカメラマンを結局外注することも実情です(中には普段写真を担当している社員がビデオを回すといったことも…)。
またその会場で撮影経験豊富であったとしても、定型通りの撮影に終始するカメラマンにとっては、マニュアルにはないプログラムや余興など、急遽起こる出来事に対応できるかどうかは、式場カメラマンも外部カメラマンも関係はなく、結局はその日撮影するカメラマンしだいによるところが大きいです。

そして新郎新婦様の結婚式は、結婚式を挙げられるお2人それぞれの進行やこだわりがあり、毎回同じではありません。
披露宴時間が延びたり、進行が変更になるなど「突然何かが起こる」ということは前提です。その時々に撮影のポイントは変わるのです。

何度も訪れる式場も関東では随分増えてきましたが、基本的に私は初めての会場やどこの会場でも撮影に伺います。
まず会場に行けば、入場、再入場の場所、余興が行われる場所、DVDが上映されるスクリーンの位置、プログラム進行に沿ってそれぞれをどのように動きどのポジションから撮るのがベストであるかをシュミレーションします。

また入場時や余興等で
気になる動線は、必ず事前に会場キャプテンに直接聞いてクリアしておきます。

その場を判断できるカメラマンにとっては「会場の慣れ」は関係はありません。
「会場の慣れ」よりも「様々な結婚式の撮影に慣れている」かです。



「慣れているかどうか」以外のデメリットとしては式場が自身の売り上げを維持する為に、持ち込み料を課す場合があります。
あまりにも法外な持ち込み料を提示される場合は、「なぜこんな持ち込み料がかかるのか」ズバリ聞いてみてください。
高い場合は「高い」、万が一「持ち込みはお断りしています」と言われた場合は「なぜ?」から交渉を始めて頂くと良いと思います。



■関連ページ| 外注業者を依頼する事 / 神聖な場所なので立ち入り禁止です / サンプルビデオを撮ったカメラマンは来ない /
ビデオカメラマンの告白「式場に撮影を頼んではいけない



※ブライダルビデオサービス【青春組立式キット】の結婚式撮影の詳細はコチラ(青春組立式キットTOP)よりご覧ください。

結婚式撮影歴14年のプロフェッショナルカメラマン井村征爾が1日1組様限定で撮影に伺います。お気軽にお声をかけてください。


お問い合わせはこちら


>> TOPページに戻る