会社方針

会社方針

青春組立式キットは“感じて動く”撮影を行います。

一般的に撮影は“目”で見て撮影するイメージが大きいと思います。実際は撮影中に被写体の言葉からキーワードを“耳”でリサーチし、“足”で的確なポジションへ動き、“心”で編集を考えながら撮影をしています。数多くの映像制作経験からそれらの撮影を可能として記録からストーリーを生みだします。
いつまでも色褪せない記録。瞬間を何度も追体験できる映像。新しい発見ができる映像。記憶にする記録。情報を正しく、適切に表現し伝える映像…。

映像を観る人の心を“感じて動かします”。


代表者メッセージ

CEO

 

5G時代が来ました。これからはメールやブログ、Twitter等の【テキスト】にとって替わるツールが【動画】です。
テキストを読むよりも【動画】には圧倒的な情報量があります。表情や声から、テキスト以上に感情や気持ちを一目瞭然で感じ取る情報量です。また言葉はなくとも伝えることができます。
例えば「海」を観た事のない子供に「海」を教えたい場合。撮影した「海」のムービーを見せればイイですよね。百聞は一見にしかずです。

さて誰もが簡単に撮影する事になり身近になった動画。しかしまだ映像の文法や組み立てまでは身近にはなっていません。
そこが【動画】と【映像】の堺目となるのではないかと考えています。

これから進化し続ける動画表現を私自身も探究しつつ、映像の新しい挑戦をしていきたいと思っています。

良い出会いと機会を頂けますように。

 

青春組立式キット代表 井村征爾(いむらせいじ)

 

 


夢、恋、友情…使い古されたけれど決して朽ち果てる事のない青春のパーツを、独自の接着剤で組み立てるという作品スタイルで映画製作を開始。1996年【青春組立式キット】を結成する