結婚式御見積もりと実際に支払う金額の差はすぐに100万円以上になる説!!

先月インスタを始めました。そこで知る話です。

まだ始めたばかりで使用方法などは試行錯誤してる最中ですが、ハッシュタグから色んな新婦さんの準備の模様を知る事ができてインスタの新鮮さを感じています。

時々「結婚式にかかる金額の問題」も赤裸々に(?)語られてる事もあり、やはり新婦さん達は「見積もり金額から実際の金額がかなり上がりすぎ!!」と驚かれてるケースが多いです。「100万円以上」上がる場合を多くみるのですが、100万円って凄い差ですよね!

金額が上がった理由としては『会場装花をランクアップ』。

これは会場見学をした際に「とても素敵な会場だ~」と思って、見積もりを聞き「これくらいの金額ならば」と決定して契約。しかし見積もりは大抵が低く設定されています。

見学の時にみたような会場にするには「装花」のグレードをアップしなければいけません。

見積もりから金額を追加して依頼しないと、式場決定した際に感じた「素敵な会場」にはならないのです。見学の時に見た「花」ありません。こうして「料理」のランクを追加、「衣装」を追加、引き出物のランクを追加などなど…でどんどん見積もりから金額が膨らんでいくのですが、最初の見積もりに含まれていないモノとして『結婚式の記録写真、DVD(ビデオ)撮影』があります。

式場の写真やビデオ撮影はとても高額(高すぎる額)で、また色々記録プランやオプションがややこしくて、動画記録だけで30万円~40万円などになると見積もりが一気に膨らみます。

とても残念なのが、値段の節約から「ビデオはやめようかな」と判断される新郎、新婦さんがいることと、結婚式後に後悔したランキングでいつも上位に上がるのが「撮影しておけばよかった」です。

撮影関係の話に関しては、契約後(キャンセルができないタイミング)に話や提案をされることが多く、その時に初めて新郎新婦さんは撮影にかかる金額を知ります。

そして後から「持ち込みや外部業者は禁止」、「持ち込み料」という式場側のルールを初めて伝えてきます。

長年結婚式の撮影を経験し、様々な結婚式撮影会社とも提携してきているので、結婚式の金額事情等は知ってはいるつもりですが、改めてインスタを通じて新婦さんからの気持ちをダイレクトに知れる事は大きいと思っています。

 

 

2018年11月03日